ネブライザーやスペーサーを卒業!ディスカスへの変更理由とタイミング

      2019/09/14

3才から吸入を続けている娘も8才になり、最近やっと!補助器具なしの吸入デビューしました!!いつも薬本体プラス、ネブライザーやスペーサーを必要としていたのが、やっと薬本体(ディスカス)になったので楽になりました。ここでは、これまで使っていた道具の紹介と、そもそも、吸入器はどんなものがあるのか。ディスカスとは何か。どうしてディスカスに変更したのか、また、変更のタイミングをどう決めたかについてまとめました。

※治療しているのは、8才女の子。コントロール歴5年。現在の薬は「フルタイド100ディスカス 1吸入/日」「モンテルカストチュアブル1錠/日」です。

Sponsored Link

5年間でつかった吸入器と補助具

娘がこれまで使った吸入器は以下の通りです。それぞれ、とても使いやすくて、吸入もしっかりできたし、おすすめの道具です。

---------------------
【3~5才】ネブライザー:オムロンNE-C802
※毎週発作が出ていて、遂に入院した時に思い切って購入。5年たった今でも活躍中。現在は802が改良されてNE-C803で販売されています。

---------------------
【5~6才】スペーサー:エアロチャンバー小児用(マスクタイプ)
※ネブライザーは確実に吸入できるものの、電源が必要なので災害の時が心配。そこで、5才にもなったし、こちらに変更。

---------------------
【6~8才】スペーサー:エアロチャンバーガールズ(マウスピースタイプ)
※1年の使用期限を迎えたので、次はマウスピースタイプに変更。昔はガールズ(ピンク)、ボーイズ(緑)があったんですが、製造中止になって今はキッズ(黄緑)に統一されたようです。 参照:アムコのお知らせ

 

2017年に終了したガールズタイプ

キッズタイプ これはこれでかわいい


それぞれ1年以上、毎日毎日お世話になった愛着ある道具たちです。ネブライザーは2年間の我が家での仕事を終えて、今は甥っ子のところで活躍しています。

 

吸入器の種類と特徴を簡単に確認

さて、喘息の「吸入」というと、私はすぐに「グーニーズ」を思い出すのですが、みなさまはいかがでしょう? って、ご存知ですか?グーニーズ。面白いので見てみてください。古い映画ですが、、、。

喘息での吸入には大ざっぱに分けて、3タイプありますが、この男の子が使っているのは、「噴霧式」です。薬の形状によって、吸入器の種類は変わって、「噴霧式」は名前の通り、「霧」状の薬を吸い込むタイプです。あと残りは、「ドライパウダー」と「液体」タイプ。だいぶざっくりですが、表にまとめてみました。

 

薬の形状:吸入器タイプ 必要な道具 特徴 おすすめの子ども(主観)
液体:ネブライザー使用 ★必須:ネブライザー(液体を霧状にする機械) ネブライザーに液体の薬を入れて、煙を吸うタイプ。ちびっこでも確実に吸えるが、時間がかかる(6〜10分)。音を嫌がる子も。電源が必要。 「はい息を吸って〜!」と言っても吸えない子ども。赤ちゃんや幼児。吸う力が弱い人に。
霧状:スプレー式 ☆補助:スペーサー(筒状の道具。霧状の薬を筒の中に貯める事で、好きなタイミングで吸入できるようにする) ガスの圧力で「シュッ!」と霧状の薬が出てくる。 そのタイミングに合わせて息を吸うのが、ちびっ子には難しいので、スペーサーを使う。電源不要のため、使用する場所を選ばない。もっともコンパクト。 スペーサーを使えばタイミングを合わせなくても、自分の好きな時に吸えるので便利。ただし、吸う力が強すぎるとうまく薬を吸い込めないので、吸う力をコントロールできる年齢から。5才くらいならいいのでは。
ドライパウダー:ディスカス、タービュヘイラー なし 粉の薬を、自分のタイミングで吸い込むもの。タイミングを合わせる必要はないけど、吸う力が結構必要。しっかり吸わないと、薬が吸入器に残っているのが分かる。補助具なしなので、上記2つに比べて荷物がコンパクト。 我が家は8才(小3)から使い始めました。今の所、快適です。ちなみに、フルタイドディスカスにはカウンターついてます。残り回数が分かるのも良い。

 

個人的には、噴霧式のスペーサーなしになると良いなと思っています。なぜなら、一番ちっこいからです!吸入も確実に1回だし。単価もドライパウダーとあまり変わらない。とはいえ、私が吸うわけではないので、娘の好みによるのですが、、。

吸入器の種類と使い方についてはERCA(独立行政法人環境再生保全機構)さんに分かりやすい説明があったので、参考にしてみてください。可愛い絵で分かりやすいです。

小児ぜん息(喘息)の薬の吸入方法について動画とイラストで解説しています。ネブライザーや各吸入器ごとの正しい吸入方法の他、子どもが上手に吸うための方法や毎日続...

 

ドライパウダーの「ディスカス」とはなんぞや

さて、今回は補助器具なしの吸入体験についてですが、まず娘が使いはじめたのはこちら。ドライパウダー(その名の通り、粉の薬を吸い込みます)の「フルタイド100ディスカス」です。手の平に収まるサイズ。丸っこくて手になじみ、持ちやすい。

そして、「ディスカス」とは、この丸い形の道具の事です。粉薬を吸い込むための、吸入器の名前です。

というのを、娘が使うことになって初めて知りました。もう、ネブライザーやらインヘラーやらディスカスやら、フルタイドにオルベスコにパルミコートにメプチンやインタール、シングレアやモンテルカストになんやかんや。子どもが喘息になって、カタカナの羅列で頭がボーッとしますが、名前を言われたら覚えるしかないです。仕方ないので、「ディスカス」。覚えます。

 

なぜ噴霧式からドライパウダーにしたのか

これは単純に、スペーサー(エアロチャンバー)を使わないで、荷物をコンパクトにしたかったからです。

今回のディスカスに変更する前に使っていたのはこちら。噴霧式。「オルベスコ100μg」。このスペーサーは最終的に2本使用しました。タイミングを図らなくても良いので、安心して見ていられました。

噴霧式の良いところは、薬が霧状で細かいので、吸い込む力が弱くても、ちゃんと吸入ができるところです。スペーサーがあれば、ゆっくり自分のペースで吸入もできますし。エアロチャンバーの使い心地も、なかなか良さそうでした。吸い込むスピードが早すぎると、「ピー!」と音がなって知らせてくれるので、良かったです。

ただし、何が面倒かというと、、、1年という使用期限がある事です!そして、週に1度の洗浄も面倒です。

まぁ、結局2年使ってたし殆ど洗っていませんでしたが、、。でも、ちゃんと吸入できてましたよ。

という事で、下記条件が整ったので、めでたくドライパウダーのディスカスに変更しました!

  1. スペーサーを使い始めて1年以上経っていたので替え時だった
  2. ディスカスは本人の吸入力が必要だが、8才になってその力がついた

まとめ:現在の状態

フルタイド100ディスカスに変更して、2週間が経ちました。結論から言って、順調です。変更したその日は、「どうやるの?」「これでいいの?」と確認しながらでしたが、1度やれば簡単で、翌日からは一人でささっと吸入しています。

娘は5年間毎日吸入を続けていて、もう発作が出る事はなくなりましたが、やっぱり吸入を止めると数日後には咳が出始めます。特に、春や秋はその症状が顕著です。「ちょっと咳出てんじゃないの?」と言って、オルベスコを見ると、使用回数が切れてた!なんてことが何回か。なので、薬がちゃんと吸えているのか、効いているのか、といのは、本人を見ているとすぐ分かります。

ディスカスに変更して、1〜2日は「ママ、ちょっと咳が出るんだけど」といっていた娘も、吸い方のコツを覚えて咳も止まり、まんざらでもない様です。

 

次回は、ディスカスを実際に使ってみての感想、コツなどを書いてみたいと思います。では!

 

 - 喘息, 病気・医療関係